2007年8月11日 (土)

天下の奇祭へGO!


昨日は長府「忌宮神社」で盆に行われる「数方庭」をみにいきました。
この祭りなにがすごいって竹や木で丸い大きな円を作り、その中で
長さ15~0メートルの竹をバランス良く持つというもので
「ここは日本?どっかの原住民の祭り?」って感じになれます。
金曜の夜ってこともあり人も普段より多かったです。
息子も小さな竹で参加することができ満足だったようです。
たしか13日までやっているそうなので近くの方はぜひ!
で今日は朝からダイナムへ!
070810_200201070810_205001070810_210101


| | コメント (17) | トラックバック (1)

2007年5月 7日 (月)

家族で公園

4日の午後から家族で公園にいきました。
この公園、隣りの隣りの市にあるんですが遊園地が併設されていて
ここで釣り掘りがあったのでチェレンジしてみました。
30分で300円の料金で竿とエサとバケツをもらいいざ!
対象魚は赤い色した金魚です。ハリは金魚が咥え易いようにかなり
小さいです。このハリ全体にエサをつけるではなくハリ先に米粒くらいの
大きさの団子を作りチョン掛けするそうです。そうすると金魚が
吸い込みやすく、釣れるとの店の方の話だったのでそれを実践すること
10分、初ヒット。茶色の金魚?だったのですがうれしいです。
それから息子と交代して息子も1匹釣り揚げました。それで今度は妻の
番だと交代しましたが全然釣れません。
この釣り掘りですが水深が30cmぐらいしかなく、エサを食べている姿が
まるみえで一応ウキなんかも付いてますが意味なしです。
見えているのに釣れないのはかなり悔しいです。妻も段々イライラしてきて
最後にはもうやめる!って諦めてしまいました。
あと1匹追加し、30分で3匹釣ることができました。
妻はおもしろくなかったとぼやいていましたが
こんな釣り掘りもたまには良いです。
200704042

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

息子と2人旅 IN呉

妻が用事があるとのことで2人で連休後半戦初日は過ごすことと
なっていたのでどこに行こうかと悩んだ結果、先月オープンした
ばかりの「呉てつくじら館」にいくことにしました。
朝9:00に出発し広島に着いたのは12:00でした。
特に渋滞することもなく高速道路は快適でした。
高速から降りた後、広島市街を横目に2号を進み呉有料道路を使用して
呉に到着しました。
呉道路なんですが料金所で最初に150円払ったのですが
そのまま進んでいくとまた料金所があり550円払いました。
最初の150円はなんの料金なんだろう?

会場近くまで進むと車車車の大渋滞!1時間かけやっと駐車場に
車を止めいざ!「てつくじら館」へ!イズミの横にあるのですが
とてつもなく陸に揚げられている潜水艦はでかいです。
何度か呉の海上自衛隊で停泊しているものはみたことがありますが
こんなにでかいものとは知りませんでした。
館内は3階立てとなっており機雷除去と潜水艦についての
資料が展示されていました。3階からは実際に潜水艦の中に
入ることができるのですがここで30分待ちです。
待っている間も色々な展示物を見てたのでそんなに退屈では
なく過ごすことができました。実物の潜水艦内はパイプが
ゴチャゴチャと張り巡らされ天井が低い所もあり映画などで
みるイメージそのものでした。艦内は撮影禁止とのことなので
撮影することなくグルリと周りました。

この後、道路を挟んだ先にある「大和ミュージアム」にもいきました。
こちらは1度家族で行ったことがあるのですが、ここは何度みても
10分の1大和は凄いです。館内ところどころに歴史や大和の
性能などを説明しているビデオが放送されておりひとつずつ
じっくりみて回りたいのですが息子がじっとしておらず
迷子になりそうなので今回は断念しました。また独りで来たときに
ゆっくりみることとします。

昼?晩?ご飯は広島市街の「みっちゃん」というお好み焼きを
食べました。いつ食べても広島のお好み焼きはおいしいです。
息子も「おいしいおいしい」って言いながら食べてました。

この後帰りに宮島に行こうと思ってましたがこれまた
駐車場前で大渋滞でこの渋滞は2号バイパス終わり付近まで
続いていたので今回は断念し、岩国錦帯橋近くの温泉で
ゆっくりすることにしました。

「てつくじら館」ですが館内の印象としては大和ミュージアムと
比べると見どころが少なく感じました。が陸に揚がった潜水艦は
一見の価値有り有りですので近くに行かれた際は寄って
車からでも見てみることをオススメします。

---------------------------
ガソリン 3000円
高速 3800円
パーキングエリア軽食 1000円
呉有料 150円+550円
大和ミュージアム 800円
駐車場 400円
お好み焼き 1750円
駐車場 200円
岩国温泉 1500円?
合計13150円
---------------------------
2005040301
2005040302
2005040303
2005040304
2005040305
2005040306
2005040307
2005040308
2005040309
2005040310

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月25日 (日)

山口県 萩へ

先日はちょっと車を走らせて山口県萩市へいきました。
本当の用事は他にあったのですがついでに「椿祭り」を
やっているとのことだったのでよってみることにしました。
開場は日本一小さな火山で知られる「笠山」付近の自生
しているところで2万5千もの木があるそうです。
人出は思ったより多かったです。でもあまり想像してたより
綺麗ではなかったです。その帰りに海とつながっていて
海水魚が泳いでいる「明神池」に行きました。
ここでは魚のエサとして「パン」を100円で
売っているのですが魚にあげるより池上空に飛んでいるトンビに
あげたほうが楽しいです。空高く投げるとトンビがビューンと
きて足またはクチバシでうまい具合にキャッチしていきます。
近くに来たときはぜひ試してみてください。楽しいですよ!
で実際の池にはボラ・コノシロ・マダイ・イシダイがいました。
近くにいた老人によるとエイなどもいるそうです。
200702251
200702252
200702253
200702254

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年2月20日 (火)

0泊3日の家族旅行 in松山 NO,005完結

バスで石手寺から道後温泉駅まで戻りここから路面電車の
周遊券を購入し出発!周遊券は1日300円と格安でした。
観光に力を入れているなぁ。思いました。
路面電車で松山城へ行きリフトを使って山頂まで行きました。
松山城は何個も門があり、天守閣へは大変な道のりでしたが
このような山城に行くのは初めてで大変良かったです。
それから大黒屋本店でうどんを食べた後、松山駅から道後まで
坊ちゃん列車に乗りました。イスにはクッションはなく板のみ
だったので尻が痛かったです。道後では再度温泉に入り、本館横の
居酒屋で夕食を食べ、商店街でおみやげを買い帰りのフェリーへ
向かいました。帰りのフェリーでは歩き疲れそのままぐっすり
小倉まで寝ていました。
たまには車を降りての旅も良いですよ!
それとおみやげ屋さんで売っていた「骨まで食べれる鯛めし」は
大変おいしいです!!
下の画像は「松山城」「坊ちゃん列車の中」「方向転換する坊ちゃん列車」です。

200702201
200702202
200702203

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月15日 (木)

0泊3日の家族旅行 in松山 NO,004

道後温泉本館から出たのが7:30なので道後温泉本館から
路面電車までの間に商店街があるのですがまだ開いて
ません。そのままからくり時計の前まで歩き次の
目的地である八十八箇所の51番札所である「石手寺」に
向かうためどの方向へ歩いていけばよいか悩んでいると
「どこまでいくんか?」と声をかけてくれる小汚いおじさんが
いるではないですか。石手寺までというと軽バンで連れって
やるから乗れ!ってことで乗せてもらうことにしました。
車はボロで助手席と荷台は荷物?ゴミ?で一杯でした。
話をすると昔タクシーの運転手だったそうです。
寺もタクシーやっているときによく周っていたとのこでした。
「石手寺」近くになってから「今日は松山観光に連れってやる。
かわりに駐車場代や飯代だしてくれ。」っていうではないですか!
これはヤバイ!って思い自分達で行きますので結構です。と
断ってジュースでもと200円渡し寺の前で降りました。
こんな商売もあるんだな~と思いながら参道を歩き寺門前までいくと
さっき別れた小汚いおじさんがいるではないですか!この寺の中を
案内してくれるということでいろいろ教えてくれましたが
このまま付きまとわれるのがイヤで結構です。と再度断りを
入れましたがまだ付いてきます。そしてこの寺での本来の目的で
ある本堂・大師堂でロウソク&線香&札を納め、納経帳を
出すと小汚いおじさんもびっくりし「遍路やっているんか?」と
問いかけてきました。それを最後に憑いてこなくなりました。
おそらく遍路からはお金はとれないと思ったのでしょう。
遍路への奉仕は基本的に御接待と呼ばれ札一枚もらうだけなので・・
妻と2人ほっとしました。

納経帳は去年2回にわけ1番から宇和島周辺の43番まで
周っていたもので残りも今年回る予定でしたが、家族で
松山にいくのでついで1箇所でもと持参していました。

画像は「小汚いおじさん&触るだけで八十八箇所を巡ったのと同じ
ご利益があるというインチキくさい砂入り袋88個」「本堂前の
遍路さん」「珍しかったので撮った鯛が座っている銅像」の
3枚です。
200702151
200702152
200702153

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年2月14日 (水)

0泊3日の家族旅行 in松山 NO,003

着いたのが朝5:00なので辺りは真っ暗おまけに
雑魚寝してた横の人がひどい咳をして鼻タレだったので
眠れないしウツサレタみたいで頭と喉が痛し最低でした。
おまけに市外地までの移動は1台のバスのみなので
フェリーに乗っていた徒歩グループはみんなこの1台に
乗り込んだのでギュウギュウでした。
でも子供に席を譲ってくれる方がいらっしゃって
子供はイスに座って移動することができました。感謝!

あとこのバスは松山駅を経由して終点の道後温泉まで
行くのですが「松山駅で降りて普通のバスに乗ろう!」って
ことで途中下車しましたが、朝5:00から営業しているわけが
なく、止む無くタクシーで道後まで移動しました。
みなさんも行かれる際は気をつけてください。
ちなみに地元では1台もみることがないプリウスタクシーでした。
聞くと燃料代はLPガス車よりも安いとのことでした。
それなら料金も他より安くすれば良いのに・・

道後温泉本館です。朝6:00の太鼓の音と
共に開場しました。自分達は一番良い3階の個室で
休憩できるものを選びました。
急で狭い階段で登ると4~5畳くらいの部屋に
案内されました。前にも独りで道後温泉には入ったことが
あるのですが道後温泉初めて行く方は少し高いですがぜひ
この個室を使ってください。オススメです。
2階・3階を利用の方のみの浴室もありゆっくり入ることが
できますし中の歴史ある建物がじっくり見れます。
息子も
「千と千尋の神隠し」みたい!って興奮してました。
20070214_1

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月12日 (月)

0泊3日の家族旅行 in松山 NO,002

金曜会社が終わるとすぐに自宅に帰り風呂に入って家族と3人で
小倉に向かいました。フェリー乗り場自体には駐車場はないので
近くの1日600円の駐車場に止めフェリーに乗り込みました。
そして今夜の寝床ですが雑魚寝です。煎餅ぶとんと枕と毛布でした。
枕には汚れ防止の紙を敷いて使うみたいです。
そして枝豆、名物のじぇこ天をおつまみに一杯です。
車で移動していたらこのようなことは出来ません。
普段は車での旅ばかりだったので少しこのような船旅も
良いと思いました。
20070212

| | コメント (0) | トラックバック (0)

0泊3日の家族旅行 in松山 NO,001

1週間前にパチンコで+15000円勝利したのでこれを
家族旅行費用の一部を当てるということで妻もよろこんで
行くことを了承してくれた。
で今回計画したのは0泊3日の「松山」旅行で
スケジュールは以下のような感じです。
  金曜の夜 21:50発の小倉⇒松山フェリー
  松山5:00~21:50まで滞在
  土曜の夜21:50発の松山⇒小倉フェリー
  日曜の朝5:00小倉着
という結構ハードな旅です。フェリーなので車も持っていくことも
考えましたが、往復で2万超えてしまうのと「松山には路面電車が
あるので交通の不便はあまり感じないだろう。」との予測の元
身1つで行くことにしました。
続く・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)